ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>コンセント増設
スタッフブログ

コンセント増設

こんにちは!あさひリフォーム飯塚です!!

 

本日も梅雨の装いですねcatface

昨日も雨が降ったり止んだりしている中、去年亡くなった猫のお墓参りに行ってきました!

場所が千葉なのですが、ペーパードライバーの飯塚は人生で初めて首都高に乗りました。

私の頭の中で首都高や東名は『警察24時』に出てくる怖い場所、玉突き事故や暴走車両に遭遇しないかと怖かったですcar

 

さて本日はコンセント(電源)について!

日々暮らしている中でコンセントの数が足りない!この場所にコンセントがあったらいいのに!と思いませんか?

特にテレビ周りはテレビ、レコーダー(プレイヤー)、ゲーム機、インターネットのモデム+ルーター等、

差し込みが足りなくてタコ足配線状態+コードだらけで見栄えが悪かったりしますよね。

 

2019623115957.jpg

そのコンセント、実は増設できちゃうんです!

 

①コンセントを差し込みが多いものに交換する

→壁の穴の大きさを調整して差し込みが多いタイプのコンセントへ交換し、壁の中にある配線と繋ぎなおすだけの簡単な工事。

工事時間も1時間以内には終わり、工事費も5000円前後で出来るためお手軽です。

ただし配線の電気容量は変えていない為、電気の使用量によってはブレーカーが落ちることもあります。

 

②既存電気配線を分岐させてコンセントを増設する

→今ある場所とは別の場所にコンセントを増設したい場合は、既存の電気配線を分岐させて増設したい箇所の壁まで配線を通します。

作業時間は1時間ほどで、先ほどよりは作業工程や部材が増えるため工事費12000円(距離が長い場合料金増)前後かかります。

こちらも配線の電気容量は変えていない為、電気の使用量によってはブレーカーが落ちることもあります。

 

③専用配線を作りコンセントを増設する

→コンセントを追加する場所で使用する機器が食洗器やエアコン等消費電力が高いものの場合は、分電盤から新しく配線作る必要があります。

配電盤からの距離やルートによっては配線工事が難しく、施工費が高くなる為見積りをしっかり取りましょう。

そして難しい工事になりそうだと露出配線を提案されます。床や壁を這わせるため見栄えは悪くなりますが費用は抑えられます。

 

以上参考になりましたでしょうかhappy01

主婦の憧れ食洗器ですが新規設置は店頭価格の他に電気工事代が掛かるので、別途+3~5万円くらいで考えておくと無難ですよ!

 

本日もあさひリフォームは元気に営業中です♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahi-remodel.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/123

ページ上部へ